人は自分の話が一番好きである|コミュニケーション|ビジネスポータルアクシア

人は自分の話が一番好きである

次に知って頂きたいことは、「人は自分の話が一番好きである」ということです。

私たちが人と話していてもっとも満足するのはどの時がわかりますか?
自分が話していることをきちんと聞いてくれてかつ、その話に同意してくれている時に最も人は気持ちよさを感じると言います。

ではどのようすれば相手に気持ちよく話をしてもらうことができるのでしょうか。
その方法として「傾聴」というものがあります。

「傾聴」という言葉をご存知でしょうか。近年ではコミュニケーションの重要性が知られてきているため、知っている方も多いかとは思いますが、相手の話を「聴く」ということです。「聞く」ではない点がポイントです。

相手の話をただ聞いていてもコミュニケーションにはなりません。
積極的に相手の話を「聴く」姿勢が重要です。人は基本的に自分の話をするのが好きですし、その話を十分に聞いてくれる人が好きです。

この考えの元にはロジャーズという心理学者の唱えた「共感的理解」と、「無条件の肯定的尊重」と理論が背景にあります。

コミュニケーションの基本はこのように相手の話をきちんと聴くという点にあります。
決して「このシチュエーションでこの言葉を言えばよい」とか「相手をこうしたいときはこういえば良い」という決まった方法論があるわけではないのです。

また「傾聴」という言葉の中身を理解しても、現実できちんと実行することは難しいのが現実です。なぜなら相手の話をきちんと聴くのは非常に労力のいることであり、またあなた自身もできれば自分が聴くのではなく、相手に自分の話を聴いてもらいたいと考えてしまうからです。

さらに、相手の話を頑張って聴こうとしても、なかなか話が進まなかったり、人によっては話が途切れてしまうかもしれません。

そこで相手の話をきちんと、進めてあげて、聴いてるというシグナルを出すためのスキルというものがあり、このスキルはコミュニケーション能力を上げるために非常に役に立ちます。

プレスリリース一覧

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ