カンパニー制[ かんぱにーせい ]

カンパニー制[ かんぱにーせい ]

どのような時に使うのか
事業が複雑すぎて小回りが利かず、スピードが遅い
多くの事業ドメインがあり過ぎて、一括りに経営するのが難しい

 カンパニー制とは社内分社制度の一つであり、企業内の事業本部を一つの会社で
あるかのように扱う制度のことをいいます。

カンパニーには大幅な権限委譲と同時に責任の所在の明確化を行います。
それに伴い経営の迅速化や活性化を図り、収益力の強化や事業効率化を図る手法です。
カンパニー制により給与水準や人事制度をカンパニーの事業内容に応じた体系に変えられるメリットもあります。

日本では1994年にソニーが初めてカンパニー制を導入しました。

ただし、権限委譲をしすぎた結果として、コーポレートガバンスの弱体化、
つまり本社の弱体化を招く結果となってしまいました。
また各カンパニーの個別最適と企業としての全体最適が軋轢を起こしてしまう結果が見られました。
最終的にソニーは2005年にカンパニー制を廃止しました。

漫画カンパニー制

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ