クープマンの目標値[くーぷまんのもくひょうち ]

クープマンの目標値[くーぷまんのもくひょうち ]

どのような時に使うのか
今の自社の市場シェアはどのようにとらえればよいのか
後どのくらいの市場シェアを目指せばよいのか

クープマンの目標値とはアメリカのコロンビア大学の数学者であるB・O・クープマン教授が提唱したもので、市場の中の占拠率(シェア)が持つ意味合いを分析した指標のことをいいます。

coupman.jpg

独占的市場シェア:73.9%

ここまでの市場シェアを抑えればトップは安泰であり、逆転されることは短期的に見れば殆どありません。

相対的トップシェア:41.7%

トップの企業がこの市場シェアを占めていれば、ほぼ安全といえます。

市場影響シェア:26.1%

トップの市場シェアがこのレベルの場合は、トップではあるが不安定な状態であることを示している。シェア二位の企業がこの市場シェアを持っている場合、市場に一定の影響力があるといえます。

並列的上位シェア:19.3%

複数の企業が横並びで拮抗しているときの状態です。

市場的認知シェア:10.9%

市場において消費者に存在が認識されている水準です。(純粋想起)この水準にあれば競合企業も市場において認知をしている状態にあります。

市場的存在シェア:6.8%

市場において存在が許されるシェアであり、他人に言われて思い出す助成想起が可能なレベルです。

漫画4c

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ