パレートの法則[ パレートノホウソク ]

パレートの法則[ パレートノホウソク ]

どのような時に使うのか
集中すべきターゲット顧客を考えるときに使う
なんらかの指標を分析した際に80%であったり、20%という指標が出てきたときに考える

イタリアの経済学者であるヴィルフレード・パレートが提唱した普遍的な経験則です。
彼は経済現象や自然現象には、ばらつきや偏りが存在しており、ある事象の大部分が
ごく一部の構成要素によって成り立っていることを示しました。

パレートの法則

マーケティング的な使われ方としては、
・売上げの80%は顧客の20%から生み出される。
・売上の80%は、全商品の20%が作る。
・富の80%は上位20%の人間に集中している。
・不良品の全体の80%は、20%の原因に由来する。

などのように使われています。

この法則にはいくつかの別の呼び名もあり、
「80対20の法則」や「2:8の法則」とも呼ばれています。

米国の経営コンサルタントであるジョセフ・M・ジュラン博士は、こうした普遍的な現象を品質管理に適用することを提唱し、この現象を「パレート原則」と名づけました。

ただし、近年ではインターネットの普及とともにこの法則を覆すような法則も提唱されています。

パレートの法則では売上げの80%を上位20%の商品で稼ぐという形になりますが、書籍のネット販売で急成長を遂げたAMAZONなどは下位80%の商品の売上げが上位20%の売上げを凌駕しているとも言われています。
ロングテールの法則

漫画pareto

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ