プロダクト・ライフサイクル[ ぷろだくと・らいふさいくる ]

プロダクト・ライフサイクル[ ぷろだくと・らいふさいくる ]

どのような時に使うのか
市場が今どのような状況に位置しているのか考えるときに使う
自社の商品発売の戦略立案時に使用する

プロダクト・ライフサイクルとは新しい商品が市場に投入され、衰退していくまでの4つのサイクルのことをいう。4つのサイクルには導入期・成長期・成熟期・衰退期があり、各ライフサイクルごとに売上げや利益に違いが見られます。

1.導入期・・・製品認知がそもそもないために、積極的に広告を行い市場の創造とブランドの確立を図ります。売上げ「少ない」、利益「マイナス」

2.成長期・・・製品が認知されて市場が創造されます。それに伴い競合が参入してくるためブランドの強化のためにベネフィットの訴求等が必要となります。売上げ「急拡大」、利益「増加」

3.成熟期・・・製品が市場に浸透し、新規顧客の獲得は狙えなくなり、既存顧客のロイヤルティ強化や他社顧客のブランドスイッチなどが戦略となります。売上げ「横ばい」、利益「横ばいから低下へ」

4.衰退期・・・製品は既に市場に浸透しきっており、価格低下などで消費者をひきつけるしかなくなります。従って、市場から撤退するかイノベーションを起こして新たな市場価値の創造を図る必要があります。

上記のように商品の該当するライフサイクルに応じて適切な商品戦略を取ることが必要とされています。

plc.jpg
漫画plcycle

PR

漫画plcycle2
* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ