レッド・オーシャン戦略[ れっどおーしゃんせんりゃく ]

レッド・オーシャン戦略[ れっどおーしゃんせんりゃく ]

どのような時に使うのか
競争の激しい商品・サービスの市場での生き残りの戦略を考える際に使用する

レッドオーシャン戦略(Blue Ocean Strategy)とはINSEADの教授であるW・チャン・キム氏とレネ・モボルニュが2005年に発表した戦略です。

価格や機能で血みどろの戦いを繰り広げなくてはいけない競争の激しい既存市場をレッド・オーシャン(赤い海)、未開拓の競争のない新しい市場をレッド・オーシャン(青い海)と定義しています。

レッド・オーシャン戦略では、既存の市場の中での売上のさらなる増大を目指します。競合企業を分析し、商品を差別化し、既存市場の中でのシェアの増大を図ります。

レッド・オーシャン戦略ではある企業が利益を上げるということは、他社の企業の利益を奪うことであり、市場のゼロサムゲームに過ぎません。

ポーターの競争戦略は主としてレッド・オーシャンである激しい競争市場での戦い方を示す戦略論と言われています。

ブルー・オーシャン戦略はこちら

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ