空→雨→傘[ そら・あめ・かさ ]

空→雨→傘[ そら・あめ・かさ ]

どのような時に使うのか
なにかについて思考を巡らせる際の枠組みとして使用する


空→雨→傘とは思考のプロセスをフレームワーク化したものです。

あなたが朝会社に行く前に「空」を見上げてみたとしましょう。そうすると空いっぱいに雲が広がっていました。これは事実です。誰が見ても同じです。

そこであなたは、「雨」が降りそうだなと感じました。これはあなたが「雨」を分析・解釈して出したものです。解釈は人により異なるので、もしかするとこの程度の雲なら雨は降らないと言う人がいる可能性も当然あります。

あなたは「雨」が降りそうだなと感じたので、折りたたみ「傘」を持って行くことにしました。これはあなたの具体的な解決策です。人によってはポンチョかもしれません。。。

「空」とは客観的な「事実(ファクト)」をさします。まず情報やデータを集めます。

   ↓

「雨」とは「分析・解釈」をさします。事実を元に分析を行います。

   ↓

「傘」とは分析・解釈した結果を元にとる解決策・行動のことを言います。

漫画sky_rain_umbrella

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ