VRIO分析[ ぶりおぶんせき ]

VRIO分析[ ぶりおぶんせき ]

どのような時に使うのか
企業の競争優位性を判断したいとき


VRIO分析とは、企業の経営資源を分析するために使われるフレームワークです。

VRIO分析

VRIO分析のフレームワークは、1.Value(経済価値)、2.Rarity[Rareness](希少性)、3.Imitability(模倣可能性)、4.Organization(組織)の4つに区分されており、その区分ごとに分析をすることで企業の経営資源が競争優位をどれだけ持っているのかを把握できます。

1.Value(経済価値)

市場において企業の経営資源が充分に経済的な価値があると顧客に認識されているかどうかを分析します。誰も欲しがらないようなものには価値はありません。

2.Rarity[Rareness](希少性)

企業の経営資源が市場において希少性を発揮しているかどうかを分析します。希少性が薄ければ、他企業の市場への参入が容易になります。

例えば、原子力発電所を建設するノウハウなどの資源はどの会社でも持っているものではありません。

3.Imitability(模倣可能性)

企業の経営資源が模倣、つまり真似をしやすいかどうかを分析します。模倣しやすい場合は、現状で経営資源に差があるとしても、時間の問題で競合に追い付かれる可能性があります。

医薬品などは特許で守られており、特許を侵害しないで同じ薬効を模倣するのは非常に難しいです。ですが特許がきれてしまうと、簡単に模倣することができます。

4.Organization(組織)

企業の経営資源を有効に活用できる組織体制になっているのかどうかを分析します。組織が整っていないとせっかくの経営資源が宝の持ち腐れになってしまいます。

VRIO分析を使って自社の経営資源が保有しているプラスの部分を認識し、また不足している資源を把握し改善を図ります。このようにして自社の内部を分析し改善することで市場における競合優位性を高めるフレームワークとしてVRIO分析は利用することができます。

漫画VRIO分析

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ