ロジックツリーとは|ロジカルシンキング|ビジネスポータルアクシア

ロジックツリーとは

ロジックツリーとは、問題の原因を深堀したり、
解決策を具体化する為に課題を構造化して作成するフレームワークです。

ロジックツリーの特徴は大きく三つに分けられます。

1.ロジックツリーは帰納と演繹でピラミッド型に作られる。
2.ロジックツリーを横で見る場合にはMECEでなくてはならない。
3.ロジックツリーの下側に行くほどより具体的になり、上に行くほど抽象度が高くなる。

1.ロジックツリーは帰納と演繹でピラミッド型に作られる。
上位をサポートするための下位の内容は、今までにならって来たように帰納法、
あるいは演繹法でサポートされる。

2.ロジックツリーを横で見る場合にはMECEでなくてはならない。
分解された横軸はMECEでなくてはいけない。MECEでないということは上位を支える 部分に抜けや漏れがあるということになる。

3.ロジックツリーの下側に行くほどより具体的になり、上に行くほど抽象度が高くなる。
ロジックツリーは上位の論点を下位の論点がサポートするが、
下位になればなるほどより具体的な事実に近くなる。

プレスリリース一覧

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ