職場のコミュニケーション|ビジネスマナー

職場のコミュニケーション

 仕事をスムーズに進めるために職場のコミュニケーションは非常に大切です。
 職場のマナーは大きく、1.あいさつ、2.報連相に分けられます。

1.挨拶

「親しき仲にも礼儀あり」を心がけましょう。
仕事中に話しかけるときのあいさつ
「今、よろしいでしょうか?」
「お仕事中失礼します。」
などと、断りと許可をもらいましょう。

「朝のあいさつ」は、明るく、顔を見て、すぐに、をモットーにします。

帰社するときは
「お先に失礼します」
「何かお手伝いすることはありませんでしょうか?」
などのあいさつをします。

2.報連相

報連相とは報告連絡相談の頭文字を取ったものであり、仕事の基本です。

指示・命令を受けるときは必ずメモを持参し、返事は「はい」ときちんと言いましょう。
聞き間違いをなくすためには復唱(5W1Hを基本として内容により5W3H)をすることが大事です。
質問は相手の話を聞いた後にまとめて言います。

報告

報告をきちんとしないと仕事の進み方がわからなくなります。 また、仕事が終わった際も終わった報告をしない限り仕事が終わったとみなされません。

連絡

仕事は自分ひとりでやっているわけではありません。
従って仕事に関係のある部署にきちんと連絡しなければいけません。
連絡は担当者を結ぶ横のコミュニケーションであり重要です。
特に正確さと迅速さが要求されます。

相談

うまくいかないとき、失敗したとき、トラブルが発生したとき、迷ったときなどは、すぐ相談しなくてはいけません。
相談をきちんとしないと問題が大きくなってしまうときが多々あります。
相談する際は、自分で内容に関して考えた上で相談しましょう。

ミスやトラブルほど速く・素直に報・連・相をすることが重要です。

プレスリリース一覧

PR

漫画職場のコミュニケーション
* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ