訪問の仕方|ビジネスマナー

訪問の仕方

訪問をする際に、ビジネスマナーをきちんと身につけておくことで、相手と同じステージに立てます。そのことによって心のゆとりを持って相手と商談に望むことができます。
訪問の仕方は大きく1.アポイントの取得、2.訪問、3.退室の3つに分けられます。

1.アポイントの取得

電話やメールで相手とアポイントの約束をします。

アポイントの際は、

どのような用件で
何月何日、
何時から何時まで、
こちらは何名で、
どういう役職者を連れて行くのか、
をお伝えして了承をえます。

2.訪問

5分から10分前には到着していましょう。
身支度を整え、受付に行きます。
受付はその組織・会社の代表者であるという認識を忘れないで、
敬意を持って接します。

受付でアポイントがあるときは、そのことを伝えます。

初めての訪問は受付に名刺を渡して取り次いでいただきます。
案内者のあとについていきます。

席をすすめられた場合は着座し、席を勧められない場合は立って相手を待ちます。
応対者が入ってきたらすぐ立ち上がり、初めての方の場合は、名刺交換をします。

置物などは触らない。
お茶は、帰るまでに飲み干します。
すぐ用件に入るよりも、世間話を入れて場を和ませることが良い場合もあります。
急ぎの場合はすぐ用件に入ってかまいません。

一回で用事が終わらない場合は、次回のアポイントを打ち合わせの
最後に取っておくとよいでしょう。
資料はぴったりではなく、余分に用意しておきましょう。

3.退室

「本日はお忙しいところ、お時間を頂きましてありがとうございます。」などのお礼の言葉を添える。

用件が終わったらぐずぐずしないで辞去します。
机のうえに置いた名刺は丁寧に自分の名刺入れにしまいます。

あいさつをいってすばやく、静かに部屋を出ます。
エレベーターやエスカレーターで商談の感想や担当者の感想などは、話さないことです。

受付の方へもあいさつをします。
来客用のバッチは返すのを忘れないようにします。

プレスリリース一覧

PR

漫画訪問の仕方
* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ