名刺の授受|ビジネスマナー

名刺の授受

 名刺交換もきちんとできていないとビジネスマナーを知らないと判断され、仕事の面でマイナスになることがあります。ひいては所属会社の社員教育が評価されることにも繋がります。
 名刺の授受は大きく1.名刺交換の基本、 2.同時交換の時、3.相手に先に出された時、の3つに区分されます。

1.名刺交換の基本

名刺は名刺入れにキチンと入れておきます。
男性はズボンのポケットに名刺を決していれないで、ワイシャツの胸ポケットか、あるいは背広の内ポケットにいれます。

机を挟んで名刺交換は基本的にしないよう心がけましょう。ただしスペースがないときは仕方がありません。

名刺をつまんだり、文字やロゴを指で覆ったりはしない。

名刺を相手に向けて両手で持ちましょう。
名刺は放物線を描くように相手に差し出します。

机の上にいただいた名刺を置くことは最近ではマナー的に問題ないとされています。

漢字が難しかったりして名前が読めないときがあるかもしれません。
その場合は、「失礼ですが何とお読みすればよろしいでしょうか」と尋ねましょう。

名刺扱い方法はいろいろあります。所属している組織の名刺の扱い法がある場合は、そのやり方に従いましょう。

2.名刺の受け方、渡し方

渡し方

訪問者・目下のものから自分の会社名、所属を名乗ります。

渡す際には名刺入れの上に名刺を乗せます。
名刺は両手扱いが基本です。

名刺は突き出して渡してはいけません。
放物線を描くように差し出します。

「よろしくおねがいします」という一言を最後に添えます。

印象に残る一言を添えらればなお好ましいです。

受け方

差し出された名刺を両手で受けます。
字が読めないときは、「失礼ですが、何とお読みすればよろしいのでしょうか。」
と聞きます。
相手が教えてくれたら、復唱する。

3.同時交換

訪問者・目下のものから自分の会社名、所属を名乗ります。

渡す際には名刺入れの上に名刺を乗せます。
名刺は両手扱いが基本です。

名刺は突き出して渡してはいけません。
放物線を描いて、訪問者・目下のものは相手の名刺より少し下から名刺を差し出す。

自分の名刺はお互いに右手で差し出し、相手の名刺入れの上に置きます。
置かれた名刺に右手を添えます。

「よろしくおねがいします」という一言を最後に添える。
印象に残る一言を添えれればなお好ましい。

名刺の名前などから会話が広がることがある。名刺交換は単に名刺交換をする場だけではありません。

プレスリリース一覧

PR

漫画名刺の授受
* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ