職場のマナー|ビジネスマナー

職場のマナー

 長い時間接している人間同士だからこそ職場のマナーは大切です。
 職場のマナーがきちんとしている職場は、仕事もスムーズになり、
 売り上げのアップにも繋がります。
 社会人としてのマナーをきちんと守りましょう。

職場生活のルールを知ろう

就業規則を理解する。
社風や慣行、しきたりなどのルールを知る。
休暇、遅刻、早退の取得のマナーがある。

仕事は無駄、ムラ、無理はしない。仕事には改善が必要である。

仕事は正早安楽を覚えておく。

職場生活はチームワークです。
入社したての時期は、まず職場においては年齢などに関係なく1日でも
早く入社した人を先輩として接します。

出勤時間と始業時間は違いますので要注意!
身支度などは始業時間前に済ませて始業時間5?10分前には席にいます。

遅刻しそうなときや、急病のときは職場の誰に連絡をとるのか確認をしてください。

基本は、直属の上司です。いいやすいからと職場の同僚に頼むのはマナー違反です。

朝、今日一日の仕事の段取りの確認をします。これをすることにより
うっかりミスが防げます。
帰社前には、今日一日の振り返りをして明日の段取りをしておきます。

職場での敬称はそれぞれ違うので習慣に従いましょう。
例) 役職 or さん

休憩時間も(拘束時間)であることを忘れていないでしょうか?

公私の区別と機密保持が必要です。

プレスリリース一覧

PR

漫画職場のマナー
* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ